100%当たる占いはない

100pa-sent

占いは利用する側の気持ちも大事
占いを信じている人は多いものの、やはり怪しいものだと感じている人もいます。
確かに世の中には面白さを追求した占いもありますし、全てが真剣に運勢を鑑定するものではありません。
ですからどれも信じられないと感じている人がいるのも仕方が無いのです。

ただ、占いに関しては、最初から何でも分かると言っているわけではありません。
当たる場合もあれば、外れてしまう場合もあるものだと理解して利用する人たちもたくさんいます。何となく占いを利用している人もいますし、自分に都合の良い結果だけを信じる人もいます。
話題を集めるような良く当たると評判になっている占い師だとしても、完璧に運勢を当たられるわけではありません。

電話占い シェロのように良く当たりはするけれど、たまには外れるのが占いなのです。
占いは予知などとは違うものですから、最初から完璧を求めて利用しなければ十分に役に立つものなのです。楽しさに重点を置いた占い師であれば、占いのパフォーマンスを見ることで気持ちも楽になります。

100%当たることはなくても、精神的に楽になることが出来れば十分だと考えている人も多いのです。予知や予言のような正確な話を聞くことを目的として利用している人ばかりでは無いのです。
今日の運勢が良いと言われれば、それで気持ちが楽しくなる人もいます。
具体的にどんな良いことがあるのかを占いでは教えてくれませんが、それでも運勢が良いと言われることで気持ちが楽になるのです。

自分で勝手に思い込むのではなく、占い師のように他人から言われることでそう思えてくるのです。占い師を怪しむ人もいますが、上手に利用することで気持ちの面で助けになることは多いのです。予言や予知のような正確な出来事を知りたいと期待する人もいますが、占いではそういった詳細な話を聞くことは難しいのです。
あくまでもアドバイスが聞けるだけですから、占いを怪しむ必要はないのです。